top of page

プランクからリハビリへ

1人ダイエット部に所属し(笑)、10日間ほど肘つきプランクをやってみて気づいたことがある


左の肩が筋肉痛になっている

なぜ?





私は右肩が上手く動かせない

3年前の手術の影響で身体全体のバランスが崩れている


日常生活の「家事」は出来るようになったけれど、身体のアンバランスを直したくて、今もリハビリに通っている



肘つきプランクは体幹を鍛えるつもりで始めたけれど、私の場合、別のことに気付いた


右肩で体重を支えられていない


上手く意識が出来ず動かしづらい右肩をキチンと動かすことからやり直し


このままでは更にアンバランスな筋肉がついてしまう可能性がある


体幹を鍛える方法は他にもいろいろあるので、1人ダイエット部は続く(笑)


 

ヨガをする際、呼吸や細部に意識を向けて動くことが大切だと私は思っている

それは「簡単」に見えるアーサナ(ポーズ)にこそ活かされる


それは筋トレも同じ

ターゲットにしている筋肉を意識することでより効果的な筋トレになる


鏡を見て確認することが大事な場合もあるけれど、「感覚」を研ぎ澄ますには鏡が逆効果な場合もある


プランクは全身を使うので、今回はターゲットとする筋肉よりもその他の使えていない部位に気付いた


それはそれで良し

何事も気づきが大切


 

【肩のリハビリ】

1.壁に向かって立つ

2.肘をつき、肘つきプランクの姿勢になる

3.壁を押して肩を左右均等に使う

4.緩める

※10回x3セット


上記のリハビリをする際、ますはほぐしてから。そして私の場合はかなり意識を右肩に集中しないと均等に力を入れられない。「ダイエット部」から「リハビリ部」に名称変更?(笑)




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page